理学療法士

 


理学療法士は誰もが一度は耳にしたことのある資格でしょう。

私たちが怪我をしてしまった時にリハビリの助けをしてくれるのが理学療法士です。

理学療法士はPhysical Therapistと呼ばれることもあります。



私たちが怪我や病気などで障害を負い日常生活を送るのに困難な状態になってしまった場合に、座ること、立つこと、歩くことなどの基本動作能力の回復や維持、または障害が進行することを予防するために様々な療法を用いて支援をするリハビリテーション専門職が理学療法士です。

理学療法士は、私たちが何らかの障害を負った場合に各人に合わせたプログラムを組みその障害を乗り越える手伝いをします。



理学療法士になるためには国家試験に合格しなければなりません。

理学療法士の資格は、「理学療法士及び作業療法士法」にもとづいて決められ厚生労働大臣が免許を発行します。

理学療法士の国家試験の受験資格は、養成学校での3年以上の修学が必要です。養成学校は4年制大学、3年の短期大学そして専門学校があります。

作業療法士の資格を持つ人は養成学校で2年以上の修学をおさめることで国家試験の受験資格を得ることができます。

養成学校では一般教養科目、専門基礎科目、専門科目、臨床実習などがあり理論と実技を学びます。



理学療法士の職場としては、介護保険サービスを行う職場、例えば通所や訪問のリハビリテーションを行う職場、または住宅や福祉用具のアドヴァイスを行う業務を行う職場もあります。

また病院などで医師、看護師と共にリハビリテーションを行うこともあります。

または市町村の福祉センターや特殊支援学校での勤務もあります。


関連記事


薬剤師の資格

薬剤師の資格試験は国家試験なので、取得することができれば様々な就職に便利に働いたり、転職しやすかったりするでしょう。 受験資格が定められているので、該当しない...


AX